特に恋をしているわけではないが、いつも綺麗でいたい。それは、女性の皆さんには共通する願いではないだろうか。外を歩いているとき、綺麗な人や表情がイキイキしている人を見ると、やはり羨ましい。毎日大変でも、疲れていても、美肌でいたい。しかし、正直美容については詳しくない。オシャレには疎い方で、化粧もあまり得意ではない。
そんな私がある時見つけたのが某ハーブ園が製造しているマヌカハニーの美容パック。原材料を見てもハチミツとハーブ。これは食べても大丈夫な程自然なパックだなぁと思いながらいつも試している。
洗顔後、顔の水分をとって、サクランボ大の量を顔に伸ばしてマッサージをする。ザラザラしているが、何だか肌には良さそう、それに顔からとても甘い匂いがする。外に出ていたら大変なことになりそうだ。数分置いてからぬるま湯で洗い流すと、なんということか。肌がもちもち、ふっくらしている。これは冬でも乾燥知らず、肌の保湿にはもってこい。最近ニキビも出来にくくなり、大変喜ばしいことである。
話題のコラーゲンゼリーうるおい宣言

環境や日常的に使っているアイテム、パソコンのようにすっかりIT化が進み近代的、女性も十数年前と比べてみれば前向きで積極的なよう。

そんな時代に使うことはあまりなく、聞いたり文章で読んだりというのもない古風なことわざ「色の白いのは七難隠す」というもの。
色白の女性、雰囲気で言えば女性らしく好感ももてて、男性から見た色気というのも感じられるところだと思うんですよね。
顔かたちや身体のスタイルに多少の欠点があろうと、その肌の色で外見補えるだけのものもあり、目立たないということのようです。

スッピンよりも化粧したりオシャレすれば容姿のコンプレックスというの、カバーすることはできますが、肌の色味はファンデーションでも隠せないですよね。
もう一つ、雰囲気などで有効なものとして愛嬌というのありますね、そんな女性は色白と同じくらいの要素持っているなと感じます。

ソバカスやシミは色白だから気になるものと言います。
この夏も美白に励んでカバー力を補いたいものだと思っています。