美容の専門家にアドバイスを受けました。お肌に保湿が大事というけれど、その前に充分な保水をしてあげるべきだということらしいのです。自分のお肌をスポンジに例えて考えてみると、とてもイメージしやすいのです。からっからの乾いたスポンジに保湿をしようとオイルをたらしても、吸収しません。その前に水(化粧水)を与えます。スポンジは、ぐんぐん水(化粧水)を吸って潤っていきます。お肌が蓄えられる水分量というのは決まっているらしく、飽和量に達したら、それ以上はどんなに良い水(化粧水)を与えても吸い込むことはできません。たっぷり水分を含んだ状態でオイルをたらすと、表面でなじんでいきます。オイルが被膜となり吸い込んだ水分を閉じ込めて、お肌はいつも潤った良い状態でいられるのです。なるほど、今のお肌の様子がイメージできました。家庭菜園でも、乾いた土にはたっぷり水をまきます。同じように、カラカラに乾燥した肌には化粧水を与えるのが先決です。